矯正歯科

治療例

Case4933歳 女性
5年前より右顎が痛い。右上の前歯が舌側にある。

カテゴリー インプラント矯正
問題点 上・下顎前歯部に重度の叢生、下顎切歯が唇側傾斜、下顎歯列正中線3mm左偏、上下顎ともに非対称歯列弓、右下8が存在、右側顎関節に圧痛
治療内容 頬骨下稜および下顎骨体部に取り付けたミニプレートを用いて、上・下顎臼歯部を後方移動させ、前歯部の叢生を小臼歯非抜歯にて改善した。
治療期間 18.7ヶ月(2013年10月〜2015年5月)
初診時
装置撤去時
クライアントのひと言
矯正治療は痛い!イメージでしたが、実際歯を動かしている期間は痛さはそれほど苦痛ではありませんでした。ただミニプレートを付けた際の外科手術と、ブラケット撤去の際はかなりつらかったです。予約がとりづらく、仕事をしながら通うのはなかなか大変でした。
ドクターからのひと言
当院の最終予約受付が午後5時半〜6時なので、確かに毎日夕方まで勤務されている方には、予約が取りにくいと思われます。また、ミニプレート手術やブラケット撤去で辛い思いをされたとのこと、申し訳ございませんでした。そのような状況下で、小臼歯を抜歯せずに前歯の厳しい乱杭歯を改善することができたのは、ひとえにクライアントの忍耐と努力のお陰です。お疲れさまでした。

UP