顎変形症の矯正治療

顎変形症の矯正治療

外科的矯正

外科的矯正は通常の矯正治療に、顎骨を手術で切り離して移動する外科治療(顎矯正手術)を併用した矯正治療を意味します。不正咬合と矯正治療の項でも述べましたが、受け口(下顎前突)や出っ歯(上顎前突/下顎後退)のなかでも、顎骨の不調和が著しく、歯を移動する通常の矯正治療だけでは充分な治療結果が期待できない場合や、顎骨の左右への偏位によって顔がゆがんで非対称になっているような場合に適用されます。このような外科的矯正を必要とする患者さんを顎変形症(がくへんけいしょう)と称していますが、以下に述べるように、治療法としては健康保険が適用される従来法と、自費診療のサージェリー・ファースト(Surgery First)法とがあります。

UP